キュウリのぬか漬けで癒されよう

食品

日本の伝統食ともいえるぬか漬け。夏には欠かせないという愛好家が多い一方で、ぬか床の管理が面倒など作るのには手間がかかるのが残念なところです。

今回は、忙しい方でも簡単で速く美味しく食べる事ができるぬか漬けについて紹介していきます。

ぬか漬けの凄いところ

ぬか漬けとは、米糠を使った漬物のことです。

乳酸菌発酵させて作ったぬか床の中に野菜などを漬け込んで作るものをぬか味噌漬けと呼び、大根を漬けた沢庵や糠ニシン、糠サンマのように材料に塩と糠をまぶして漬けたものもぬか漬けと呼ばれます。

古くは栄養不足を補う食材だった?

現在の形のぬか漬けは、江戸時代の初期に出来たと考えられており古くから日本人に親しまれてきたことがわかります。

また当時は、白米に偏重した食事から栄養不足になりましたが、ぬか漬けによって栄養不足を補ったのではないかと考えられています。

独特の風味を出すには手間と時間がかかる

通常はぬか漬けの独特の風味はすぐに作り出す事が出来ません。

糠と塩と水で作られる糠床に野菜を日々出し入れすることにより乳酸菌や酵母が育ち独特の風味が形成されていくからです。

しかし、そこに達成するまでに毎日ぬか床の手入れをしたりする必要があり、良いぬか床になるまでに2か月程度かかると言います。

しかも、手入れを怠ってしまうとすぐにカビが生えてしまったりしてぬか床が使えなくなってしまうのです。

これを使えば誰でも簡単にぬか漬けが作れる

毎日の手間が大変なぬか床を忙しい現代で管理していくのは結構大変です。

でも、美味しいぬか漬けや変わったぬか漬けを食べたい。。。

そんな方に、ピッタリのぬか漬けを紹介します。

かんたんぬか美人」という商品を使うと、これを水で戻して漬けたい食材にまぶすだけで簡単にぬか漬けになります。

しかも、通常は浅漬けでも半日程度かかるものがなんと90分で漬ける事ができるのです!

キュウリのぬか漬けの作り方

ぬか漬けの癒されポイント

酒の肴にぴったり

ぬか漬けは、日本を代表する食品の一つです。

多くの日本人がその味と香りに懐かしさや安らぎを感じるのではないでしょうか。

その材料が好みの食材なら最高の癒しを与えてくれるのは間違いありません。

私なら、ビールが何杯でも進んじゃいますね♪

セロリのぬか漬けも美味!

それだけで朝食のおかずに

夜に漬け込んでおけば、翌朝に美味しいぬか漬けが出来上がっています。

朝食はパンの方も多いと思いますが、たまには白米とぬか漬けで気分転換も良いのではないでしょうか?

パンに比べるとどうしても手間はかかってしまいますが、他におかずを作らないのであれば何とか準備できそうですよね。

そもそも発酵食品で腸内環境に〇

発酵食品には乳酸菌などが多く含まれています。また、この乳酸菌が私たちの腸内環境を整えてくれる事も広く知られています。

ぬか漬けも発酵食品ですから、同様の効果は十分に期待できるのです。

腸内環境が整うことで、当然癒しの効果も期待できますよね。

更にこんなものもぬか漬けに出来る!

モッツァレラチーズ

この「かんたんぬか美人」は使い捨てのため、従来のぬか床では難しい意外な食材を漬けて楽しむこともできます。

ここではその一例を紹介します。

  • 生ハム
  • お刺身
  • モッツァレラチーズ
  • かまぼこ  など

まさかの「お刺身」ですよねwww

今回紹介した商品はこちら

今回紹介したのは、「かんたんぬか美人」のお試しセットです。

初めてご利用の方限定ですが、大袋(175g)1+小袋(25g)3個を送料無料の1080円(税込)で購入する事が可能です。

使用量の目安としては、小袋1袋でキュウリ2本が漬けられます。

新鮮な食材を漬けたぬか漬けは一味違う癒しを与えてくれるはずです。

是非一度試してみていただければと思います!

▼▼▼ 初回限定価格はこちらから ▼▼▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました