1本で6役! 特許技術ラメラテクノロジーから生まれた「コンシダーマル」 40代主婦 体験レビュー

オールインワン

コンシダーマルの癒しポイント

  • 癒され度 : ☆☆☆
  • 素肌力  : ☆☆☆☆
  • お手軽感 : ☆☆☆☆☆
  • お得感  : ☆☆

今回体験した「コンシダーマル(considermal)」について、私の主観で5点満点でポイント付けしています。

なお、数多くのコスメを使った実績を基に評価していますので、ポイントの見直しをする場合がありますのでご了承ください。

この商品については、私は「お手軽感」を最も感じるものでしたよ!

今回体験するコンシダーマルのメーカー情報などをチェック

体験レビューの前に、今回使用させて頂く「コンシダーマル」の特徴について簡単に紹介しておきます。

特許技術ラメラテクノロジーから生まれた化粧品

見出しでも紹介していますが、世界40か国が注目する特許技術ラメラテクノロジーから生まれた化粧品です。

公式HPより

難しい事はわからないのですが、ラメラテクノロジーとは水と油の分散方法に関わっているようです。

普通、水を油を混ぜるには「乳化」と呼ばれる方法を使うのですが、ラメラテクノロジーを使うことでより安定した状態を作りだせるんですって。

そのおかげで、保湿効果も上がるとの研究結果もあるようですよ。

このような技術が、この一本に含まれているんですね~

6本で6役のオールインワン化粧品

また、実際の利用において嬉しいのは、この一本で

「導入液」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」「パック」

の6つの機能を担っています。

コストについては下記で詳しく考えたいと思いますが、6つのケアを全て行っている場合にはトータルコストの低減時短の効果に非常に期待が持てるコスメとなっていますね。

5つのフリーでお肌にも優しく

現在では当たり前になってきていますが、肌にやさしい低刺激処方になっているようです。

大きな要素が5つのフリーで、

「無香料」「無鉱物油」「無着色」「パラベンフリー」「アルコールフリー」

となっています。

更に、アレルギーテストなどを実施しているそうです。

肌に刺激の強いものは極力抑えたいですから、安心感は高まりますね。

インターネットの口コミをチェック

コンシダーマルは楽天やamazonで購入が可能でした(2020年11月調査時)。

ただし、公式の店舗ではないようで、口コミも少ないようですね

その中で目立つものをまとめてみましたよ!

  • 顔が明るくなったのを実感
  • だんだんとシミ、そばかすが薄くなってきました
  • 清潔、簡単なのが使いやすかった
  • 肌が使用直後から潤い、翌朝も乾燥していません
  • よく伸びます

  • 残念ですが、私には合わなかった
  • 浸み込まずベトベトが続く

口コミ数が少ないので正確に判断できませんが、何故か☆5の良い評価が多い商品です。

悪い評価は殆どないのですが、「ベトベトする」というコメントが見つかりましたね。

この点については特に注意して使ってみたいと思います!

コンシダーマル 私の体験レビュー

外観についてレビュー

コンシダーマルのボトルは鮮やかな青が特徴的です。

微妙にグラデーションしているようで、高級感があるのは好感できます。

また、梱包箱の色も鮮やかな青で非常に良い色なのが目を引きました。

ボトルはプッシュ式で、美容液が使い易いので多くのシーンで使える感じがします

実際の使い心地などを体験レビュー

それでは、実際に使っていきますね。

まずは、液を手に取ってみます。

まず、キャップを開けたり中蓋を開けたりする手間が無い事で使い勝手が非常に良いです。

本当に少しのことですが、「時短」ですね♪

実際に、ボトルをプッシュすると乳白色の少し粘度の高い液が出てきました。

化粧水として考えると、透明で粘度が低いものが多いので、少しタイプが違うものですね。

逆に美容液とすると、若干粘度が高めのものが多いですから、コンシダーマルもそのグループに入ると思います。

分かり易いように手の甲に塗ってみますね。

粘度が高めなので、手の甲に乗せてもすぐに垂れてしまう感じではありません。

顔に塗ったりするには使い易い粘度になっていますね。

軽く塗り広げてみます。

さすがに塗ってすぐにはツヤツヤ感が凄いですね。

更に塗り広げて、肌に浸透してしまうとツヤツヤ感は無くなってしまいますが、しっかりと保湿感は残ります

インターネットの口コミでは「浸透せずベタベタする」とのコメントがありましたが、私自身はベタベタ感を感じませんでした

ベタベタせずに保湿してくれるので、オールシーズン使える感じがしましたよ。

オールインワン化粧品だけで不安ではないの?

毎日数多くのケア用品を利用している方には、これまで何本も使用していたものが1本で終わるのは不安ではないでしょうか?

コンシダーマルの場合には1本で6役となっていますから、最大で6種類のケアが1つとなります。

でも実際に使ってみると、その不安感は解消されてしまいました

特に保湿感は非常に強く感じられるので、ケアされているんだなと安心感があります。

ただし、ベタベタ感は少ないですが調整ができません。

夏場などでサラッとしたケアを好まれる方には、少し不向きかもしれませんね。

化粧崩れしにくい感じがする

感覚的な評価で、個人差がある部分にはなりますが、私自身はコンシダーマルを使うと化粧崩れしにくいように感じました

たぶん、コンシダーマルを使うとファンデーションの伸びが良いので、相性が良く肌に密着しているんじゃないかなと思っています。

じゃぁ、この二つを混ぜたら相性が良いので混ざるんじゃないでしょうか?

上の写真のように実際に混ぜてみましたが、混ざりませんでした。。。

不思議ですね。。。

次に、この状態で肌に触れるとどうなるのでしょう?

二つでは混ざらないのに、肌に乗せて塗り広げるとあっという間に染み込んでしまします

ファンデーション自体は肌に残っているようで肌は白っぽくなっているのが何となくわかりますよね。

またまた不思議です。

きっと、「コンシダーマル+ファンデーション+肌」になると相性が良いんでしょう。

どちらにしても、化粧の伸びが良い事は忙しいビジネスウーマンの方にもメリットが大きいのではないでしょうか?

コンシダーマル 体験レビュー まとめ
  • ボトルが鮮やかなデザインで綺麗
  • プッシュ式で使い易し時短
  • ベタベタしないのに保湿感がある
  • オールインワンの不安は少ない
  • サラッとが好みの方には少々不向き
  • 化粧崩れしにくい感じがする
  • 1本で6役なので超時短
  • これ1本で良いから持ち運びも楽

コンシダーマルの内容成分について

コンシダーマルの内容成について紹介しています。

上で紹介したように5つのフリーで低刺激処方にはなっているようですが、お肌が弱い方やアレルギー体質の方はお気を付け下さい

なお、私を含めて家族で使ってみましたが、特に異常は感じられませんでしたよ。

正しい?使い方(公式サイト)

公式サイトで紹介されている使い方です。

使用手順としては一般的な化粧品と同じですから、特に注意して使用する事はないと思います。

朝晩の洗顔後に、顔全体にやさしく塗り広げていきましょう。

特に感想が気になる部分などには、部分的に付け足して「スペシャルケア」として使用しても良いそうですよ。

長期的に使う場合のコスト試算

コンシダーマルの1本の通常価格は5,073円(税込)+送料となっています。

定期購入すると初回限定で割引を受けられますが、長期的に使うのであれば常に購入できる価格で考えていきたいと思います。

コンシダーマルには定期購入に2コースあります。

「スタンダードコース」と「プレミアムコース」になりますが、長期で使うのであれば「プレミアムコース」が良いです。

この場合には、4,158円/本(税込)で長期で購入できます。

標準的な使用では、1本で約1か月分となっており、私の場合もだいたい1カ月くらいで使い切りました。

つまり、1カ月当たりの費用は、、、

コンシダーマル1カ月の費用 : 4,158円(税込)

となりますね(コースによって異なります)。

1本で6役となっており、他のコスメが不要になる分がありますが、若干コストは高めの部類に入ると思います。

今回体験レビューした商品はこちら

私が今回体験したのは、青の鮮やかなパッケージが印象的オールインワン化粧品「コンシダーマル」です。

1本で6役をこなす事が出来る事と使い易いボトルで、トータルコストと時間の節約になるのが特徴的ですね。

実は、同じような機能を持つコスメは他にもありますが、その中でもトップクラスのオシャレさが際立つものでした。

持ち運びし易いメリットがありますから、私のような主婦よりも出張などが多いビジネスウーマンの方の方が合うコスメの感じがしましたよ。

働く女性の強い味方になりそうですから、是非一度お試し下さいね。

▼ 公式サイトはこちらから行けます ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました